ルイスと未来泥棒/配信情報

今すぐ無料で視聴する

disney+公式ページに移動します
視聴するには会員登録が必要です
31日間無料キャンペーン中です。

「ルイスと未来泥棒」は、現在Huluで配信されていません。

「ルイスと未来泥棒」は、2007年に公開されたウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオによる長編アニメーション映画。本当の家族を探し求めることや、未来を変える行動・決断という深いテーマを扱っていながらも、小さな子供でも観やすくなっています。子どもが喜びそうな突飛なキャラクターや、未来の発明など、ワクワクするシーンも盛り沢山です!

そんな「ルイスと未来泥棒」を観たい!けれども、見放題になるHuluではディズニー映画は配信されていません。そうしたらどの動画配信サービスで視聴すればいいのか?そんなお迷いの方にオススメなのが「ディズニープラス」です。なぜなら、見放題で観られるサービスは「ディズニープラス」だけ!

そこでここでは、ディズニープラスの特徴をご紹介しつつ、「ルイスと未来泥棒」を観られる動画配信サービスをご紹介します。

配信状況

見放題でみられるのは「ディズニープラス」だけ

fod

これまではディズニー作品を視聴するには個別課金が必要でしたが、本サービスの登場により、ディズニープラス1択となりました。理由はピクサーを含む全作品が見放題でみれるようになったからです。私は加入して半年経ちますが、子供と一緒に何度か見返しています。ラインアップも豊富なところも魅力的なところです。

「ディズニープラス」は、dアカウントで入会した場合、無料お試し期間の31日間ずっと無料でみれるため、期間中ずっとディズニー作品を楽しめます。

配信事情

多くのサイトでは、購入から2~3日の視聴期限があるので注意が必要です。

サービス 料金 配信状況
ディズニープラス 700円 ○見放題
Hulu 933円 ×
UNEXT 1990円 ×
Netflix 800円~ ×
TSUTAYA TV
TSUTAYA ディスカス
2417円※①
dTV 500円 ×
FOD 888円 ×
Amazonプライムビデオ 400円(税込) ○306-407円
ビデオマーケット 500円~ ○330円

※Amazonプライムビデオは画質によって料金が異なります
※①「動画見放題&定額レンタル8」プラン

ルイスと未来泥棒とは?

ルイスと未来泥棒 動画

赤ちゃんの時に孤児院の玄関先に捨てられたルイスの夢は発明家になることで、毎日発明をしていますがなかなかうまく行きません。ある日自分の記憶の中にあるお母さんの姿を映し出す機械を発明し、その発明品を発表する学校行事の日、未来から来た時空警察と名乗る少年ウィルバーに出会います。「君の発明品が狙われている」とウィルバーが忠告します。完璧に完成したはずの発明品でしたが、発表する時にはなぜかうまくいかず、、実は謎の山高帽の男によってうまく作動しなくなっていたのでした。落ち込むルイスはウィルバーに連れられてウィルバーの住む未来に行きます。そこで山高帽の男によって未来を変えられそうになっていることに気づき、ルイスはそれを阻止するために立ち上がります。

本作ではルイスが未来へタイムトリップするのですが、そこはディズニーランドのトゥモローランドがモデルになっていると言われています。未来の世界なのにどこか見たことがあるような世界が広がっています。

ルイスと未来泥棒を観る方法をおさらい

ポイント
  • 「ルイスと未来泥棒」を観られる動画配信サービスは「ディズニープラス」「TSUTAYA TV/TSUTAYA ディスカス」「Amazonプライムビデオ」「ビデオマーケット」
  • オススメは「ディズニープラス」。見放題でみれるのはここだけ

「ルイスと未来泥棒」は、4つのサービスで配信中です。特にオススメのサービスは「ディズニープラス」。初回登録の無料期間中は完全無料。しかも見放題対象作品ですので、好きなだけ「ルイスと未来泥棒」を観ることができます!