実写版ライオン・キング/配信情報

今すぐ無料で視聴する

disney+公式ページに移動します
視聴するには会員登録が必要です
31日間無料キャンペーン中です。

「実写版ライオン・キング」は、現在Huluでは配信されていません。

「実写版ライオン・キング」は2019年公開の映画。1994年に公開されたディズニーの長編アニメーション映画作品「ライオン・キング」のフルCGリメイク作品。ネイチャードキュメンタリーさながらのリアルな映像表現は必見です。さらに、ストーリーは、アニメ版にほぼ忠実ですが、女性(メス)キャラの存在感が目立っています。

そんな「実写版ライオン・キング」を観たいけれど、見放題になるHuluではディズニー映画は配信されていません。そうしたらどの動画配信サービスで視聴すればいいのか?そんなお迷いの方にオススメなのが「ディズニープラス」です。なぜなら、見放題で観られるサービスは「ディズニープラス」だけ!

そこでここでは、ディズニープラスの特徴をご紹介しつつ、「実写版ライオン・キング」を観られる動画配信サービスをご紹介します。

配信状況

他のシリーズ作品とあわせて観るなら「ディズニープラス」

fod

これまではディズニー作品を視聴するには個別課金が必要でしたが、本サービスの登場により、ディズニープラス1択となりました。理由はピクサーを含む全作品が見放題でみれるようになったからです。お試し期間を利用すれば30日間ずっと無料(dアカウト登録が必須)でみれるため、期間中ずっとディズニー作品を楽しめます。私は加入して半年経ちますが、子供と一緒に何度か見返しています。ラインアップも豊富なところも魅力的なところです。

配信事情

多くのサイトでは、購入から2~3日の視聴期限があるので注意が必要です。

サービス 料金 配信状況
ディズニープラス 700円 ○見放題
Hulu 933円 ×
UNEXT 1990円 ×
Netflix 800円~ ×
TSUTAYA TV 933円 ○2000-2500円※①
dTV 500円 ×
FOD 888円 ×
Amazon プライムビデオ 400円(税込) ○2000-2500円※②
ビデオマーケット 500円~ ○2200円

※TSUTAYA TVとAmazonプライムビデオは画質により金額が異なります

※①購入の価格。2019年12月4日よりレンタル配信開始 ※②購入の価格

実写版ライオン・キングとは?

ディズニーの名作としてアニメや演劇としてもロングヒットしているライオンキング。2019年、フルCGによる超実写版映画が登場しました。原作アニメはアカデミー賞をはじめ、数々の有名な賞で部門賞を獲得しており、今作でもその音楽やストーリーは踏襲され、ジョン・ファブロー監督の手で新しい息吹が吹き込まれています。 サバンナの未来の王であるライオンの子・シンバは、ある悲劇により父を失い、王座を狙うライオン・スカーの企みによって王国を追放されてしまいます。新しい世界を前に、プンバァやティモンといった仲間たちと共に、自分の生まれてきた意味や使命を追い求め、王になる運命に立ち向かっていきます。

「実写版ライオン・キング」を観る方法をおさらい

ポイント
  • 「実写版ライオン・キング」を観られる動画配信サービスは「ディズニープラス」「TSUTAYA TV」「Amazonプライムビデオ」「ビデオマーケット」
  • 「ライオン・キング」シリーズは見放題で配信されています
  • オススメは「ディズニープラス」

Huluでは配信されていない「実写版ライオン・キング」は、4つのサービスで配信中です。特にオススメのサービスは「ディズニープラス」。初回登録の無料期間中は完全無料。

手順はかんたん、dアカウント経由で登録するだけ、です。

これだけ、満たせば、だれでも無料です。

「実写版ライオン・キング」をはじめ、他シリーズ作品もチェックしてみてはいかがでしょうか?見放題対象作品なので、好きなだけ視聴出来ます!